できる喜びを届けたい!被虐待児の学びをICTで支援

  • ICT教育は、学習の効率的な定着をはかることもできます。

    本事業は、iPadという情報携帯端末を活用することで、つまづきを発見し、それに対応し、メディアコーディネーターが学習補助したり、iPad を使用できる環境にすることですすんで自学に向かわせる意欲を起こしたり、遅れを出さないようにすることが可能です。

  • 未来の社会をデザインし変革改善していく学生ボランティアの力

    今後社会の変革を起こせる可能性のある学生がボランティアとして、社会的課題のある現場に出向き、自らの実感として課題を解決に向ける方策を考え、実践できるという点でも、学生の資質向上をすすめ、未来の社会をデザインしよりよい社会を作り得る可能性を秘めていると私たちは考えています。

  • 家庭環境による学力格差

    家庭環境により通常との学習進度と大きな乖離が存在する場合が多く関係していると言われています。その子に意欲や勉強への関心が見られない場合は学校での授業にも集中できず学習進度の差がますます広がってしまい、進学や社会に進んだ際にドロップアウトしてしまうという問題が生じています。

  • ICT教育支援アドバイザー派遣事業

    児童養護施設の学習指導者(現場の学生ボランティアや学生アルバイト)へICT教育のインストラクターを行います。また、定期的に訪れて進捗状況を見ながら支援を続け、継続が可能な事業として進めていく予定です。そのための勉強会の実施 子ども虐待、ICT教育などについて定期的に勉強会を実施していきます。